前回、0歳から楽しめるオススメ絵本をご紹介しました。


今回は少しステップアップして、
1歳2歳児向けの楽しく日々の生活を助けるオススメ絵本をご紹介したいと思います。

日々の生活で、イヤイヤ期のお子さんに手を焼いているお母さんも多いのではないでしょうか??

ご紹介する絵本は、日々の困り事を少しでも解消したくて私が購入したオススメの絵本です(^^)

DSC_0152



・おべんとうバス


まず1冊目は、真珠まりこさんのおべんとうバス」です。

子ども達の大好きなおべんとうのおかず達が、どんどんバスに乗っていくお話です。

最後はみんなでピクニックに行って、おべんとうを「いただきます」します。


こちらの絵本では、
「○○さーん。」
「はーい!」
という流れで、お返事の練習ができます。

そして食べる前には「いただきます」。

とても簡単な内容なので、娘が1歳くらいから繰り返し読んでいるお気に入り絵本です。

一緒にお返事してくれる姿がとても可愛いですよ(^^)



・どうすればいいのかな?


2冊目は、「どうすればいいのかな?」です。

くまくんが、お着替えをする絵本なのですが、
くまくんは上手にお洋服を着られません。

「どうすればいいのかな?」と子どもに問いかけて一緒にどうすれば上手にお着替えができるのか考えることができる絵本です。

お子さんが着替えを嫌がった時にこの絵本を見せて、
「くまくんお着替えできてないね、どうすればいいのか○○ちゃんが教えてあげてくれる??」
と言うと、やる気になって着替えてくれる!なんてこともあるかもしれませんね(^^)

・おやすみなさい


3冊目は「おやすみなさい」です。

こちらの絵本は、娘の寝かしつけに困っていた時に出会った絵本です。

毎回寝かしつけの時に立ち歩いて布団をかぶってくれない娘に、
「おやすみなさいをするってこういうことだよ」と教えることができました。

すごく単純な絵本で、「おやすみなさい」と言いながらみんなに布団をかけてあげる"しかけ絵本"です。

最後まで読み終わって、
「じゃあ○○ちゃんも寝ようね、おやすみなさい」と言って、電気を消してお布団をかけて寝るという流れを理解してくれるようになったありがたい絵本です(^^)


・ノンタンシリーズ


こちらは皆さんご存知だと思いますが、

ノンタンの赤ちゃん絵本シリーズです。

このシリーズは生活に関して学べる絵本がとても多いのでオススメです!

同じフレーズの繰り返しで、子どもも聞きやすく飽きずに見てくれます。

私は、皆さんぶち当たるであろう「はみがきの壁」を助けてくれる「はみがきはーみー」と、
トイレトレーニングを始める準備に読んであげたい「おしっこしーしー」を購入しました。


はみがきはまだ嫌がりますが、
この絵本のおかげで自分から「はみがきする!」と言ってくれることもあります。

トイレトレーニングに関しても、この本のおかげか、「トイレ座ってみる??」と聞くと嫌がらずに座ってくれますよ(^^)

ノンタンシリーズは他にもたくさんあるので是非チェックしてみてください。





ノンタンシリーズはDVDもあって、こちらもすごくオススメですよ♡





以上、今回はイヤイヤ期の子どもの生活を助けてくれるオススメ絵本をご紹介しました(^^)

絵本は想像力を育てるのにももってこいですし、是非取り入れていきたいですね✩.*˚