我が家には中学生の息子と2歳の娘がいます。

いわゆる年の差兄妹を育てています。

ここまで歳が離れていると、上の子の人格形成もすでに終わっていて、
上の子に関しては自分の子育ての反省点まで見えています。


例えば息子は、片付けがとても苦手です。

典型的な出したら出しっぱなし、使ったら使いっぱなし。

なので部屋は片付けても3日後には散らかっている状態です。

でも息子が片付けが苦手なのは、
少なからず私の育て方のせいでもあるんではないかと感じています。



そしてこのことを教訓に、息子の12年後に産まれた娘には、
片付けが出来る子になるように、少し意識して子育てをしてみました。



その結果今2歳の娘は、
親の私も関心するほどお片付けの出来る子に成長してくれています。


私が娘の育て方でどこを意識して子育てしたのかを、今回は書いていきたいと思います。


お子様がお片付け出来る子になってほしいと願う方の参考になればと思います。






1.上の子の時はこう育てていました。


まず上の子の時に私がどのように息子にお片付けを教えていたかというと、
0歳の時はもちろん私が全ておもちゃを片付けていました。

ちなみに私も片付けは苦手です。


いくつか大きいおもちゃ箱を用意して、そこににおもちゃをとにかく全部入れる。

種類関係なく全ておもちゃ箱の中に。

大きいおもちゃは収納にしまったり、端っこにかためて置いておく。
といったスタイルで、
特に決まりは無く、とにかく全ておもちゃ箱に入れて床に散らかっていない状態になるとOKといった感じでした。


1歳を過ぎてくると、
「一緒に片付けよう。」と声掛けをして、
息子にも一緒におもちゃ箱におもちゃを入れる作業をしてもらうようにしました。

息子はおもちゃの大きさ関係なくとにかく全ておもちゃ箱に入れていましたが、
片付けができているのでそれで良しとしていました。


基本的にはお片付けの時間も特に決まっていなく、
私が気になった時に「さぁ片付けよう!」と言った感じで片付けていました。

なので疲れている日はおもちゃを片付けずに寝てしまうことも。



このやり方で育てた息子は、片付けが大の苦手になってしまいました。


今思えば小さい頃からの習慣なのでそりゃそうだよなぁと、息子に申し訳なく思います。


2.娘がお片付け出来る子になるように意識していたこと。


IMG_7396

現在2歳の娘には、
息子の時の反省を無駄にしないように、小さい頃から片付けに関してはかなり意識していました。


と言っても0歳の頃は自分でお片付けはできないので、私がほとんど片付けていました。

でも息子の時と違ったのは、
おもちゃを何個も出しっぱなしにして遊ばせない。という点です。

多くても3つ以上おもちゃを出しっぱなしにして遊んでいたら、
遊ばなくなったおもちゃを私がサッと片付けるようにしていました。


そして1歳を過ぎる頃には、娘にも一緒にお片付けしてもらうようにしました。

簡単なものだけでも、「ここにないないしようね」と毎回一応一緒に片付けます。


そしてその時にもう1つ、息子の時と大きく変えて意識していたところは、
おもちゃの定位置を決めたことです!

それぞれのおもちゃの片付ける場所を明確に決めました。


イメージで言うと、児童館や児童センターっておもちゃの定位置が決まっていますよね??
あんな感じです。


我が家では細々したおもちゃはひとつのおもちゃ箱に、
おままごとセット、パズル、お絵描きセット、ブロックといった感じで入れる場所や物を変え、置く場所も決まっています。


これによって、子どもでも元にあった場所に戻す、という行為を覚えて貰いたかったからです。

そしてこれがかなり効果がありました!

小さい子どもでも、片付ける場所が決まっていたらお片付けしやすいのです。



そして1歳半くらいからは、
新しいおもちゃで遊ぶときや、次の行動をしたい時は、その時に遊んでいたおもちゃを片付けてからにする、ということを決まりにしていました。


例えばブロックで遊んでいて、次にお絵描きをしたいと言い出したら、
「じゃあ先にブロックをお片付けしてからお絵描きしようね。」
と言った感じで、先に片付けさせます。

もちろん「いやー」と言われることもありますが、
それでも「じゃあ一緒に片付けよう」とママ1人でも、お片付けのお手本を見せます。

そしてその後にお絵描きセットを出すようにします。


いろいろな種類のおもちゃを使って遊ぶ時もあるので(例えばブロックをおままごとに使ったり)、もちろんその時はそれでOKですが、
基本的には出したらしまう、をルールにしていました。


あともう1つは、疲れていても寝る前には全ておもちゃを片付ける。ということも意識しています。


これだけで、お片付けが出来る子に育つんです!



3.まとめ


IMG_7395
息子の時の教訓をもとに、上記のように意識して育てた娘は、
「おもちゃを片付けようね」と言うと、
教えなくても元にあった場所に戻してくれるようになりました。

パパが違う場所に片付けてしまったものを、「こっち」と正しい場所に戻したりもします。


次の行動に移る時も、「先にお片付けしてからね」と言うと、
当たり前のように片付け始めるようになりました!


特別スパルタで育てた訳でもなく、私みたいな片付けが苦手な母親でも、
少しルールを決めるだけで簡単にお片付けの出来る子に育ってくれました!


親の育て方というか、習慣ってすごく大事なんだなと実感しています。
そしてそれが小さければ小さいほど身につきやすいんだと感じました。


是非小さいお子様がいらっしゃる方は実践してみてください´ᴗ`
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村